背骨と椎間板

背骨と椎間板

背骨と椎間板

背骨について、詳しく知っていますか? 私たちの体はもちろん、背骨なしには体を支えることはできません。しかし、骨格図か何かを見ていただければわかるとおり、人間の腰の骨は、1本だけで上半身を支えているのです。ですから、上半身を支えるのは腰なのだ、ということを意識して体を動かす必要があります。

 

背骨は、全部で24個の骨でできています。それぞれの間に、クッションの役割を持つつい甲板という軟骨が入っており、背骨を構成しています。

 

椎間板は、その周りにある繊維輪と、中心の髄核と呼ばれる組織で構成されています。繊維輪は非常に硬いのですが、この繊維輪に亀裂が入って髄核が露出して飛び出してしまうというのが、俗にいう椎間板ヘルニアです。

 

この過程で髄核が出てくると、これが原因で腰痛が起こります。髄核は神経を圧迫し、とても立てないような痛みを伴います。

 

これが進むと、今度はしびれや麻痺が出て生きてしまいます。こうなると歩くこともままならない、ということになります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ