成長痛? オスグッド・シュラッテル病

成長痛? オスグッド・シュラッテル病

成長痛? オスグッド・シュラッテル病

成長痛というものがあります。これは正式名称「オスグッド・シュラッテル病」と言ったりします。要は、成長期に感じる膝や足関節などの痛みのことを指します。しかし、この名前自体はあまりポピュラーなものではなく、たとえばお子さんが足の痛みを訴えて、病院に連れて行ってはじめて聞かされる、という名前でもあるでしょう。

 

小学校の高学年ぐらいから中学生にかけて、つまり急激に背が伸びる時期に、少し強いトレーニングなどを行うと、膝の下にこぶ状のものができてしまい、それが神経にさわって痛い、ということがあります。オスグッド・シュラッテル病になるのには、様々な説があるので一概に強い運動のせいであるとは言えません。

 

オスグッド・シュラッテル病では、成長と筋肉のバランスが整っていない、というい見方もあります。

 

オスグッド・シュラッテル病の診察では、レントゲンなどでの撮影が行われますが、しかし、治療に有効な方法はほとんどないのが現状です。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ